一戸建ては、いずれはメンテナンスが必要になります。修繕積み立てを行いましょう。

家の修繕費用ってどのくらい?相場と依頼すべき業者とは

一戸建ては避けては通れない、自宅修繕

新築で建てた家も、年月が建てばメンテナンスが必要になってきます。 だいたい築10年あたりからメンテナンスを行うのが望ましいです。 もちろんそのときには修繕費用も必要になります。 将来を見据えて修繕積み立てをし、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

家の修繕費用の相場と業者選び

念願のマイホームも年月が経つと劣化や故障などといった不具合がでてきます。
マンションの場合は強制的に修繕費用の積み立てが行われているのですが、一戸建てだと将来のリフォームも考えておかなければなりません。

どんなに高価で立派な家でも、建ったときから家の老朽化や劣化が始まります。
暑さや寒さ、雨風や太陽光などから日々私たちを守ってくれている家はメンテナンスしていくことが必要です。

もちろん、メンテナンスするには修繕費がかかります。
修繕費が高額だからと、メンテナンスすべき所を放置しておくと傷はどんどん進行し修繕費用がかさんでしまい、更に高額になってしまうのです。

家の建っている地域の環境や大きさ、構造や使用されている材料によって異なりますが、だいたい10~15年ほどで屋根や外壁の修繕が必要になるといわれています。
更に30年経つと、雨どいの交換、クロスや畳の張り替え、バルコニーやバスユニットの交換などメンテナンスすべきとことは増えていきます。

持ち家がある人はメンテナンスは避けては通れないことです。
家を建てたときから、あるいは早めのうちから修繕費用を積み立てていくことが大切です。

劣化具合によって修繕費用は異なってきますが、決して安いものではありません。
まずは劣化具合やメンテナンスのタイミングを計るために、住宅診断を受けてみるのもおすすめです。

家は長期に渡って私たちの生活を支えてくれる場所です。
しっかり資金計画を立ててきちんとメンテナンスをしてきましょう。

まずメンテナンスすべき場所とは

一戸建てで最も傷みやすい箇所に屋根と外壁があげられます。 常に直射日光や雨風にさらされている場所なので定期的なメンテナンスが必要です。 もし、屋根や外壁の傷みを放置してしまうと屋根や壁から雨水などが浸入し家の寿命を短くしてしまう上に、とても大掛かりな工事や修理が必要になってしまいます。

修繕費用を積み立てる

毎日を過ごす場所ですから年月が経てば家が劣化していくことは当たり前です。 しかし、日々の清掃や定期的なメンテナンスを行うことで家の寿命は大きく変わってきます。 修繕費用は積み立てておくことはもちろんですが、しっかりと業者選びを行うことも大切です。

TOPへ戻る