一戸建ては、いずれはメンテナンスが必要になります。修繕積み立てを行いましょう。

家の修繕費用ってどのくらい?相場と依頼すべき業者とは

一戸建ては避けては通れない、自宅修繕

修繕時期の目安

外側や内側、箇所によってメンテナンス時期の目安があります。

新築から10年では屋根や外壁の色あせなどの塗り替えや、内側ではトイレの便器やタンク、手洗い場などの水回りです。
特に水回りは毎日使うところなので劣化しやすく、早めのメンテナンスが必要です。

築10年から20年では外側だとバルコニーやサッシ、シャッターの不具合が目立ってきます。
動きが悪くなってきたと感じたら早めのメンテナンスを行いましょう。
内側ではガスやIHコンロなどのキッチン回りのメンテナンスが必要になってきます。
また、畳の交換や張り替えの時期にもあたります。

築20年から30年では外壁の塗り替えやサイディングの取り替え、屋根の修理、クロスやフローリングの張り替えやシンク、カウンターの交換を行いましょう。
この頃になると外側、内側ともに大きなメンテナンスが必要になってきます。
最新の塗料や設備に取り替えて安心できる空間を作りましょう。

修繕費用の目安

家の家の各場所の修繕費用の目安は以下のようになります。

外側だと外壁100万円、バルコニー交換30万円、サッシ交換10万円、シャッター交換15万円です。
内側だとクロス張替え20万円、畳張り替え16万円、便器交換20~30万円です。

家の修繕費用の平均は全体で556万円、築年数が古いほど修繕費用がかさみます。
メンテナンス場所で最も多かった場所は「外壁」、次に「給湯器」「トイレ」や「お風呂」です。

いくつか例をあげてみましたが、修繕費用は安いものではありません。
家の修繕費用を積み立てたことがあるとアンケートをとったところ「はい」と答えた人はわずか1割弱のデータがあります。

一戸建ては修繕費用が必要になってきます。
まずは月1万円の積み立てから始めてみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る